自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題

変化する教育の現場と教師の質に関して

自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題 景気の回復を反映してか、民間企業が採用を増やしています。もちろん喜ばしいことですが、全てが万々歳とは言えない事情もあります。それは、教師を筆頭とする公務員志向の低下ではないでしょうか。どの都道府県においても当てはまりますが、教員採用試験の倍率が下がって来ているようです。受験生にとっては歓迎ですが、選定する立場になれば、より多くの受験生から選びたいのが願望ではないでしょうか。特に最近は、教育現場の質の低下が叫ばれています。モラルや教養に乏しい教員が増えていて、父兄とトラブルになることも珍しくありません。

それを未然に防ぐには、教育現場の魅力を知ってもらうことが重要ではないでしょうか。大胆な改革を試みて、教育現場の魅力を伝えることです。受験年齢枠を広げることもそうですし、民間の血を入れることも有効ではないでしょうか。教員の仕事は子どもと共に成長出来る幸せがありますし、魅力に溢れた仕事だと断言出来ます。


Copyright(c) 2018 自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題 All Rights Reserved.