自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題

親子の教育の進め方と重要度

自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題 親子で日常生活を送っているのが家族であり家庭ですが、その場合に子供の教育の計画を立てることができるのは大人です。親になります。子供時代には色々な夢を持ちますが、大人になって、その夢を実現している人は少ないようです。しかし、大人が見た場合に、親が子供を評価して、子供の夢が妥当な場合に、親がその夢を実現する手助けができます。また、唯一手助けできる重要な大人でもあります。そして、他の可能性も考えることもできます。

子供はただそうなりたいという気分だけですが、大人はどうすれば実現できるかの知識がありますし、人生経験もあります。子供の夢を実現するということに関心がない親もいますが、そうなると子供の本来の教育ということでは不十分です。親子で意思の疎通をしながら、実現はできなくとも子供の夢を共通の将来の目標にするために相談するということは絆ということでも重要な体験になります。また、他の方向性も考えながら教育をすることもできます。


Copyright(c) 2018 自由に教育を受けられる現代だからこそ浮き上がる課題 All Rights Reserved.